携帯ホームページ
たまごだっていいじゃない? 三国志大戦二次創作同盟  第二回会盟

たまごだっていいじゃない?

主に雑記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志大戦二次創作同盟  第二回会盟

いらっしゃいませ。
二次創作同盟の場にようこそおいでくださいました。
今回のカードは『U周倉』。

難産!(w
しかも周倉のキャラじゃないし、やたら長いし、オチないし(ぉ
駄文なのにごめんなさい。
他の皆さんはどんな風に仕上げたんでしょう。
ぜひ見に行ってください。
私より絶対うまいですよ~。

リンク者殿一覧

神行百変さん
酔狂書生は江湖を往く

橘生さん
貴女を侮った、僕の負けです!

TOM9さん
TOM9's Blog

第二蜀さん
ヘボプレイヤーの意地!

獅子天さん
適当の軌跡

龍之介さん
Hit the beat! Keep your beat!!

ダブルSさん
二人の舞姫物語
木が鬱蒼と茂っている道とはいえない道を歩く。
こんな所に、とも思うが、こんな所だから、とも思う。
かなり法外な値段で闇オークションを繰り返し、金を儲けている輩がいる。
王桃は関索から命を受け、その輩を改心させるために来たのだ。
「ふぅ・・・休憩しよ」
大きな木の側に腰を下ろす。
この付近だとと聞いてるけど、いつになったら見つかるのか・・・。
「やっぱりこの姿じゃ、ダメだったかな?」
回復の儀式用衣装を見る。
なるべく高価な物をつけてここら辺をうろうろしたら、向こうから近づいてくるかも、と思って用意したものだ。
鮑三娘が『甘皇后から借りてきた♪』らしいのだが、サイズが合わないらしく、胸がちょっと涼しかった。
「このバンダナも安物だしね・・・」
バンダナを触る。
今ではかなり使用感があるが、気にいってずっと頭に巻いてきた。
鮑三娘はこの服にそれは似合わない、と言って反対したが結局根負けしたようだ。
「たしかに似合わないよね~」
衣装を上から下まで見る。
その時。
がさっと近くの茂みが動く。
「誰か・・・いるの?」
恐る恐る聞いてみる。
「もぅ~」
「牛か、ってそんなわけないじゃない。こんな誰も来ないような所に」
王桃は立ち上がって身構える。
毒泉の剣を抜いた。
人の気配がする。
それも複数。
いつの間にか囲まれた?!
次々と現れる人達。
その中の親玉らしい人物(これが周倉という男だろう)は、右手に槍、なぜか左手に本を持っていて、時たまこちらと本を見ている。
「お嬢ちゃんが着ているその衣装!金25万。そのバンダナ!金10万。オークションで売ればそれぐらいの価値になる。命が惜しけりゃ身ぐるみ置いて行け!」
「ええええ~?!」
衣装も衣装だが・・・バンダナもなんという大金だ。
これは金1,000位で買ったものだ。
それがオークションに出すと100倍になる。
コレクターというのはすごいものだ。
「だがその剣はだめだ。金10にもならん」
毒泉の剣は作った人が作った人だけに金にならないようだ・・・。
「が・・・お前さんの等身大フィギアにつければ高くなる。ふふ、心配ない。型だけ取ったら帰してやるからな」
「じょ、冗談でしょ。こっちはあなた達を倒しに来たんだから!覚悟しなさい!」
「勇ましいお嬢ちゃんだな。やれ!傷をつけるなよ」
王桃の周りを男達が囲み、ジリジリと王桃に近づいていく。
「やっぱり使わなきゃダメみたいね。ちょっと嫌なんだけど・・・えいっ」
王桃は剣を上に掲げ祈った。
『け~っけっけっけっ』
王桃の口から出たとは思えない声が響く。
毒泉の剣から怪しいもやが立ち上り辺りに満ちていく。
男達は次々に倒れていった・・・。
「ちっ、すっかり忘れていたぜ。そんな安物の効果をな」
「あとはあんただけよ。周倉!」
剣を周倉に向ける。
「無理だな。お嬢ちゃん」
「えっ?」
王桃の膝から力が抜ける。
なんとか立ち上がろうとするが、立てない。
「効いてきたようだな。毒泉の剣は使ったものの生気を一時的に奪う。値が安いのもそのためだ」
周倉が近づいてくる。
王桃は力のない足を無理やり動かして後退する。
「お嬢ちゃん、せっかくの衣装を汚しちゃダメだな」
売り物を汚したせいか、周倉の顔が怒りに満ちている。
王桃は動くのをやめてうつむいた。
「おとなしくしてれば悪いようにはしないからな」
周倉は王桃に近づいて、バンダナに手を伸ばした。
「この時を待ってたわ」
王桃の手が周倉の手を掴みそのまま引っ張る。
周倉は不意をつかれてバランスを崩す。

「くるりんぱ~♪」

王桃の必殺技、桃色吐息が炸裂した!
この技は相手の悪の心を消し、善人にしてしまう技だ。
一日一回しか使えないこの必殺技を、いかにはずさないで敵にくらわせるかが鍵だったのだ。
周倉は王桃の前で倒れている。
「やった・・・かな?」
つんつん、周倉をつついてみる。
「う~ん」
気がついた周倉は王桃を見て、正座して頭を下げた。
「本当にすいません。反省してます」
「うん、わかればいいのよ。もうしないでね♪」
「はい」
周倉は先に立ち上がり、王桃に手を差し伸べた。
「立てますか?」
まだ少しガクガクする。
周倉の手を借りることにして、手を伸ばした途端。
周倉が顔を真っ赤にして、くるくる回り始めた。
「えっ?」
「俺はなんていうことを」
何がなんだかわからなくて、さっきのシーンを再現してみる。
周倉の目線、目線の先。
王桃は胸元を見た。
「きゃ~きゃ~きゃ~」
周倉は回り続け、木を倒し始めた。
「きゃ~きゃ~きゃ~」
大きな音が立て続けに起きて、木がどんどん倒れていく。
王桃は頭をかばいながら、周倉に向かって叫んだ。
「わかったから!止まって~!」
「いや、しかし」
「その力を蜀に貸して!それでチャラにするから!」
「本当にそれでいいんですか?」
こくこくと頷く王桃。

それから周倉とその子分達は木を切る職人として、蜀に優遇されましたとさ。


おしまいw
前の記事 賛(BlogPet)
次の記事 通信(BlogPet)

コメント

お疲れ様です
周倉はきこりw
大車輪で木を切るとは読めなんだw
2007/07/30(月) 20:05:21 | URL | TOM9  [編集]
会盟お疲れ様です。

周倉の華麗な転身ですね。闇商人から木こり職人とは・・・。
大車輪、チェーンソーみたいな要領ですかね?
そして、毒泉の剣、効果は凄いのに作った人のせいで安いなんてどんだけ~、なんてw

参加有り難う御座いました。
2007/07/30(月) 22:19:41 | URL | 神行百変  [編集]
お疲れ様でした。
周倉は役得でした
闇オークションから、きこりへ華麗なる転身とはw
…というか…王桃を出してくるとは読めませんでしたよw
正座した周倉がなんか、かわいいw
2007/07/30(月) 22:58:00 | URL | 龍之介  [編集]
初めまして~。それからお疲れ様でした。
周倉おいしいですね~。くるりんぱ~喰らった後の周倉が微笑ましかったです
2007/07/31(火) 01:05:11 | URL | 第二蜀  [編集]
お疲れさまでした。
王桃が美少女戦士みたいですね(笑
♪周倉が木~を切る~
車輪チェンソーとは思わず吹きました(笑
2007/07/31(火) 10:33:20 | URL | 橘生  [編集]
>TOM9さん
そうか・・・木を切る職人=きこり
全然そこまで考えてなかった~w
きこりか。
きこり・・・。

コメ見た時なぜか鹿威しの音が聞こえたよ。

>神行百変さん
お疲れ様でした~♪

いや、だからきこりorz
書いたのは私ですが・・・。
そうですね~。
チェーンソーっぽく、スパスパ切っていくって感じでしょうか?

毒泉の剣は、作った人が女の人(例えば厳氏あたり)だと高く売れるんでしょうね。
なんせ闇ですから・・・やっぱり女性に縁のものとか人気があるようです(w

>龍之介さん
お疲れ様でした~♪

いや、だからきこりってw

本当は関索・鮑三娘と一緒に出す予定でした。
予定が狂ったのはWIKI見てからですね。
王桃のくるりんぱ~は絶対書いて、他と蜀をくるりんぱする予定でした。
で、何回もやってるうちに遊ぶな~って周倉が言って、大車輪を会得する予定が・・・どこで狂ったんだろ?

>第二蜀さん
はじめまして~♪
お疲れ様でした~♪

くるりんぱ~、くらった後は善の心しかないので、神妙になりますw
その直後に木を切り出すとは周倉では読めなんだかw

>橘生さん
最初は戦隊ものでしたよ。
というか、○ラクエだったりw
それが一人減り、二人減りして、王桃1人になっちゃいました。

へいへいほ~(かっこ~ん)ww
ええ、周りの木を次々に切っていきますw
2007/08/03(金) 14:30:42 | URL | 真音  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://teamnacssky.blog17.fc2.com/tb.php/351-401a0619

プロフィール

真音

Author:真音
北海道で、音ゲーやってます。
主に雑食で、初心者。

訪問してくれた人

過去ログ

ぐぱ

ただいま推進中!



amou

mana

グリムス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。