携帯ホームページ
たまごだっていいじゃない? 2006年04月
FC2ブログ

たまごだっていいじゃない?

主に雑記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントその後

では、イベントその後でございます。
追加に私的なことも書いてますので、読みたくない人はスルーしてください。

最強君主を捜せ!のイベントは押し捲って、ゲーセンを出たのは6時15分でした。
ちなみに私のイベントの終了予定時間は5時。
そこのお店が混んでても何とかなるだろう、という時間・・・だったはずなのに!
そして、私の帰りの特急が7時58分。
得割で買ったので、これを逃すと明日の特急でしか帰れないという大変な事態に・・・。
予定外に焦ってる私。
地下鉄に乗っても、どこか上の空です。
自分が信じられなくて、違う駅で降りちゃいました。
それでも、獅子天さんは怒らずについてきてくれて・・・。
本当に感謝です。
獅子天さんの話を聞いてましたが、水月さんととっても仲良くなったってわかりました。
なんとなく愛を感じました(w
あのオフ会の一夜で意気投合しちゃったんですね。
話してる獅子天さんがすごくかわいかったです。

お店につきましたが、やっぱり混んでます。
このお店、荀平さんとか連れてきたいお店でした。
どうでしょうなど、大泉さん関連の情報が満載のお店です。
土曜で混んでるのかはわかりませんが、10人はいました。
結局収穫なしで、札幌駅に帰ってきて、軽く食事して時間になったので、獅子天さんを置き去りにして列車に乗りました。
その列車もほぼ飛び乗り(w
ぎりぎりで帰ってきたのでした。

その後は獅子天さんにごめんなさいメールを打ちました。
本当に申し訳なかった。
後になって、獅子天饅頭の原型はこれですよって教えてあげればよかったと思いましたね。
こうして、慌しくイベントは終了したのでした・・・。

ここから私の思ったこと。
大戦とはまったく関係ない、と言っておきます。
スポンサーサイト

大号令に参加? (BlogPet) (BlogPet) (BlogPet)

大きい伯符をブログペットしなかったの*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符が思ってるの」
*このエントリは、9時ぴったりにはテレビ見てたの*このエントリは入れませんでした(w気づけば15分ぐらい過ぎてたかな?っていってた(w気づけば15分ぐらい過ぎてたの*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符が思ってるの」
*このエントリは、伯符をブログペットしなかった
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

イベントに参加してきたぉ♪

かなり遅くなりましたけど、取りあえず書いたので公開します。
書くのをためらったのは、私がチョンボしたのと、いろいろと思うところがあったからです。
それも後日書きますね。


8日に『最強君主を捜せ!』というイベントが札幌で行われました。
目的はそれではなかったけれど、どうせ行くならあれもこれもと欲張って計画をたててしまいました。
ここに大きな落とし穴があることも知らずに・・・。

実は北海道に獅子天さんが来るということで、札幌に行ったんです。
連絡を取り合った・・・まではよかったんですが、本当にたどり着けるのかちょっと不安です。
私がね(w
とりあえず札幌駅に到着して、獅子天さんにメールしました。
待つこと数分。
メールが来て、札幌駅西口に誘導しました。
イメージは、身長高くてひょろっとした感じ。
改札口を出てくる人たちを観察・・・してもどんな人だかわからないのであきらめます。
更にメール。
改札口をでたのと、特徴が書かれてました。
きょろきょろと辺りを見回す・・・。
メール確認、じ~っ、メール確認、じ~っ。
多分この人だと思うんだけど・・・。
声をかけようか迷っていると携帯取り出したので、勇気を持って声を書けてみることに。
でも、『獅子天さんですか?』っていうの怪しくないかな?と思いつつそのまま声をかけました。
この人でビンゴ♪
印象は、純朴な少年って感じ。
まさかこの人があのブログを書いているとは思えなかったんですが・・・徐々にその考えは吹っ飛びます。

まずはマキシムに行くことに・・・。
無事に着いて、台を探しますが・・・。
前と場所変わってました。
とりあえず両替はしましたが、なんとなく大戦する気はありませんでした。
前に来たときにここで、負けたからでしょうか?
それとも、椅子が気になるから?
それで獅子天さんのプレイを見学。
このときの獅子天さんのデッキはSR郭嘉入りです。
やっぱりスキルが違うんですね。
すごくうまかったです。
対戦・・・とも思ったんですが、やっぱり自分が大戦する気がなかったので、お断りしました。
後になって思えば、負けてもいいから対戦してもらえばよかったと後悔しました。
そしてなんとなく、全国対戦することに・・・。
今となっては、どんなデッキにあたったかさっぱり思い出せませんが、獅子天さんのアドバイスをうけながらやって、討伐成功してしまいました。
気分は複雑、なんで勝てたんだろ?って感じです。

その後、食事をして(リサーチ不足でここでも迷惑をかけました)クラブセガススキノへ向かいます。
地下鉄を使えばいいんですが、時計台を見せたくて徒歩を選択。
時計台を過ぎ、テレビ塔を過ぎ、ロビンソン近くまでやってきました。
さて、ここからがよくわかりません。
獅子天さんもわからない様子で、いざとなったら水月さんに連絡を・・・なんて言ってました。
とりあえず地図を思い出しながら、歩いて行きます。
奥に入っていくと、徐々に怪しいお店が増えてきました。
ええ、完璧に迷いましたが何か?
焦る私・・・。
それで、一旦元来た道を戻ります。
そこで、やっと発見しました。
クラブセガススキノを。

時間は1時間前ぐらいでしたが、人がぼちぼちいます。
スタッフジャンパー?きてるお兄さんがいたのですが、皆気さくに声をかけていましたね。
獅子天さんに言われて気付いたんですが、この人が栄斗さんでした(w
写真より、優しそうな感じで好青年に見えました。
そのあと、ブンブン丸さんやfan114さんが全国対戦してるのを時間まで見学してました。

そしてイベントが始まりました。
抽選で栄斗さんやfan114さんと対戦もあったんですが・・・はずれました。
獅子天さんがクイズに答えてバッチを頂いたり、私が抽選で当たって、ブンブン丸さんに二択で選んでもらったカードが、呉の都督デッキだったりと、ちょっと得した気分です。
でも、ずっと座っていたので足が痺れて大変でした。
栄斗さんやfan114さんと北海道の覇王様との対戦はとても勉強になりました。
気付かなかったんですが、かなりの覇王様が来てたみたいです。
ワイパーってこんなに削れるんだ~って思って、頑張ろうと決意しました。


そしてイベント終了後、私がとんでもないことをするんですが・・・それはまた後で。

大号令に参加? (BlogPet) (BlogPet)

昨日はネットで伯符をブログペットしなかったの
*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符をブログペットしなかったの?」
昨日、真音がひとにはテレビ見てたかな?っていってたので、9時ぴったりには入れませんでした(w気づけば15分ぐらい過ぎてたの?)
と、伯符が思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

当たらなかった・・・

ブログのプロフィール欄にイラストが入りました。
イラスト見たら誰が書いたか、あっという間にわかりますよ(w
神速で書いていただいたイラストとは思えないでしょ?
※描いた本人があれじゃわからないと言っていたので、プラグインにも入れました。

では時報マッチに参加したことなどを・・・。
日曜日、出陣しようとすると雪。
とりあえず、○産に行く。
キャンペーンやってて、いろいろと車のことを聞きました。
ここで、大変なことが発覚!
どうやら、今月か来月あたりに2万円が飛んでいきます。

さようなら、大戦・・・(w

ま、完全にはやめないですけど、行く回数は減ると思います。

その後、大戦をしにゲーセンへ。
やっぱり台が空いてなくて・・・。
で、知ってる人にメールしたりしてました。
じ~っと他の人のプレイを見学しつつ、1時ちょっと過ぎに入ったら、まだチュートリアルが終わってなくて全国にいけませんでした(w
失敗した~!
で、1時15分ギリギリぐらいで入りましたが、当たらず。
1時30分~当たらず。
3時~当たらず。
3時30分~当たらず。
当たらないので、デッキを変更。
その後、ずっと試行錯誤を繰り返してデッキを作ったりしてました。
で、もう4時過ぎたので買い物をして帰りました。
なんだかんだやって、13枚も引きましたよ~。
やりすぎです!

では、級で当たった時の事などをわかる範囲で書きます。

まずは西涼のR呂布いり4枚デッキ。
その時の私のデッキはメインデッキでした。
呂布がうろうろしてるのはいいんですが、それ以外のカードが兵力半分で、敵城付近で止まってます。
これは、喰っちゃう気だ!
と思ったんですが、しばらくそのまま呂布がうろうろ。
今考えると、たぶん士気が溜まってなかったんだと思いますが。
やっと溜まって、飛翔降臨。
そして、再起の法。
兵力が半分ぐらいだったので、なんなく倒して攻城しに行きます。
あとは3枚なので、周泰のなんちゃってワイパーで蹴散らしていきます。
取りあえず勝ち。

次はSTOデッキ亜種。
程イクがカクになったデッキで、2連勝中でした。
地形は真ん中が平地、左右が森の地形。
私のデッキはメインデッキ。
多分、甘皇后が伏兵を掘りにくるんだろうな、と思っていると柵の中にいました(w
そして、許チョで周瑜を踏む所でした。
結局楽進あたりが踏んだので、乱戦して追い返します。
甘ちゃんがまだ柵の所にいたので、周瑜の弓で撤退させました。
まだカクが出て来ません。
こちらも無理攻めはしないで、自陣で待機します。
そしたらママに当たりました(w
もちろん撤退させましたけどね。
その後甘ちゃんは舞いましたが、全て周瑜の火で焼かせていただきました。
こちらも守りで精一杯で、攻めにいけずにタイムアップ。
ここまできたら引き分けにしてやる!
と思ってやっちゃいました。
気づけばもうもう残りカウント少なかったから・・・。

こうして時報マッチできずに終わりましたが、級は結構いろいろなデッキに会えましたよ。
でももうやりたくないな。
初心者がいないもの。
また時報マッチするときは、今度こそ誰かと当たりたいですね。

:::::卒園式::::::(BlogPet)

きょう伯符は、挨拶するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」がpure children drinking sandsを読んで書きました。

怪しい雲行き・・・

今日大戦しにいつものゲーセンに行きました。
やっぱり平日の、しかも午前中にこんなゲームをしに来る人はそんなにいないんでしょうね。
雨もせいもあるかもしれないけれど、駐車場もガラガラ。

最初に両替機で両替して、時報マッチ用ICを買う。
さてやるか、と思ってよくよく見ると全国も店内もできなくなってる!
壊れ中だったみたいです(w
近日中になおすみたいなことは書かれてましたが、日曜に時報マッチできるか怪しくなってきました。
頼みます!なおしてください!

COM戦はできたので、ICは作りましたよ。
『真音@時報』です。
間違ってチュートリアルを選んでしまったんですが、こんなに丁寧に教えてくれたっけ?って思いました。
初心に帰りましたね。
動かし方はいつも初心者だけどね

えと、参加デッキですが荀平さんが使ってるW水計デッキと槍パパデッキで考えてます。
たぶんメインじゃ勝てません
まだ槍パパデッキは、試行錯誤中ですけど・・・。
日曜日に出陣予定です。
時報マッチに参加する方、あたったらよろしくお願いします。

ちなみに引きはとても悪かったです。
5枚引いてRなしでした。

追加を追加しました(w

コラボブログ~UC簡雍の巻~

コラボブログ、今回はこのカードです。

☆簡雍 字は憲和
☆コスト1 槍兵 武力2 知力3
☆特技 伏兵・魅力
☆計略 無血開城
☆効果範囲 自身
☆必要士気 3(でもカウントが過ぎるのをひたすら待つのみ)
※おまけ この絵は酔っ払いおじさんですね(w

※ご注意
私のデッキ構成は、お話の中に含まれています。
がんばって探してください(w
今回は短めにしましたよ。



「うぃ~っす」
かなり酔っ払ってきたぞい。
どうやら今回の戦は、コスト0.28、武力バラバラ、知力バラバラの武将が27人も集まっているらしい。
趙雲殿が神のような速さで蹴散らすならば、馬超殿が獅子のごとく蹴散らす。
ホウ統殿が敵を止め、張松殿が引っ張りまわす。
しかし人数があまりにも多いため、蹴散らしても蹴散らしても、わらわらとよってくるらしい。
そこで一発逆転を狙ってこの儂、簡雍が投入された。
人数の関係であっという間に見つかってしまったが、敵兵たちは天幕にいる儂に酒を持って挨拶に来た。
皆一様に儂の顔をじ~っと見て、なにやらカタカタ音のするものを叩いていたが「まぁ良いではないか」と酒を勧めて酔っ払わせてやったわい。
これで人数も減っただろうと思って外を見ると、なんと酔っぱらって強くなっとる武将がいるぞい。
おやおや。
まぁ彼らならなんとかしてくれるだろう。
そろそろ出番のようだしな。
そっと城門に近づいて手で触る。
いつものように力がなくなっていく。
そのとき、力を見せよ!と言う声を聞いた気がした・・・。
儂はそのまま気を失った・・・。

今まで計略を練っていた、コスト0.44、武力??、知力??のコラボ武将シンの『ブログの求心』が使われ、武力が5アップしたブログ住人たちの手によって簡雍方の城は落城したのであった・・・。

ちゃんちゃん♪

大号令に参加? (BlogPet)

昨日、真音が
ひとにはテレビ見てたので、9時ぴったりには入れませんでした(w気づけば15分ぐらい過ぎてたかな?
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

ICB 7th Album おまけ♪

8日は、札幌で『最強君主を捜せ!』がありますね。
どうやら延期になってたみたい。
どうせ行けないので他人事でした。
しかし今回はなんの因果が札幌に行くことになったので、時間があえば見てみたいと思います。

どうやら、二品君主○○天さんが北海道に来ているようなので、運がよければこちらとも会えると思います。
札幌は今日は雪降ってるみたいだけどね(w
と思ったらこっちも降ってる!

さて、今回のICBは実は2つありました。
ひとつは没だったみたいなんですが・・・。
没のお題はこちら↓




この絵をみればやることはひとつ。
ではいってみよう!




「サムイ、サムイ」
ふぅ、ひとつため息。
この水が流れている牢に入ってから、こいつはこんなことばかり言っている。
ぽたっ、ぽたっ。
上から落ちてくる水を手で受け止める。
水の清めか・・・。
自嘲的な笑みがこぼれる。
それならば、いっそ火に焼かれたほうがよかった。
一瞬と永遠と・・・どちらがいいだろう・・・。
さんざん文句を言ってた華雄は、牢の端から端をぐるぐる回って、やがて私のところに戻ってきた。
「コレハ難シイ。コレデハ出ラレナイ」
脱出するつもりだったのだろうか?
「出たければ出るがいい。お前はここにいる必要がない。どこへでも行け」
ぐぐっと詰まる華雄。
「オマエハ要領ガワルイノダ。俺ヲ見習エ」
要領が悪いのは、お前が憑いているからだよ・・・。
そんな言葉を飲み込む。

気付けばこいつはずっとそばにいた。
思えばこいつのせいで私は変人扱いされていたのだ。
他の人には見えない、霊と呼ばれるものが見える私。
いつも独り言が多い子と言われ、霊の話をすると気味悪がられた。
でも、悪いことばかりじゃなかった。
戦場ではいつも助けられた。
文句しか言われなかったが・・・それでも戦場ではよきパートナーだった。
何度死にかけ、あきらめたことだろう。
その度に呼ぶのだ、私を。
「生キロ、陳宮。オマエノ成スベキコトヲ成スタメニ!」

・・・少し感傷に浸っていたらしい。
気付けば華雄は私の隣に来て、同じような姿勢で座っている。
私と同じように水につかって、そしてなぜか震えている!
何度も寒いと言ってるが、こいつは寒さを感じないはず。
意図的なのか、天然なのか。
その姿を見ていると、つい・・・。
「一人ではないと心強いな」
思ったことが声に出ていた。
「オマエガ要領ヨクナルヨウニ手伝ウゾ」
にっこり笑うが、その顔で笑っても怖いだけだぞ?
私とは離れることもできただろうに、そうしなかったのはどうしてだろう。
そろそろ死ぬと言う時にでも聞いてみることにしようか。
ふと笑みがこぼれる。
「オマエ、笑ウト怖イ。俺ノヨウニ笑エ」
!!!
・・・お互い様、ということだろう。
先程のように落ちてくる水を手に溜める。
最初に落ちてきた水よりは、とても清らかな感じがした。

ICB 7th Album

今回もやってきましたICB。
お題はこちら↓




どんどん凝ってきてますね。
考えるのが難しい。
では行ってみよう!



発端は昨日の飲み会。
はしごしまくって、何件目だったろう。
ふらっと入ったある酒場。

名前は・・・そう、響輝と言った。
そこの酒場のおやじに聞いた話。
ここから少しいった深い森の奥に桃源郷があるという。
・・・うさん臭い話。
いつもなら、それで片付けられた。
しかし、おやじのたくみな話術と給仕の作る酒とにすっかり酔った4人は、次の日その森にいってみることにするのだった。

『森を抜けたら吊り橋がかかっている。そこを抜けるとすぐだ』

その肝心の吊り橋は、渡れなくなっていた。
誰かに切られたのか、それとも長年風雨に晒され弱っていたのか・・・吊り橋は、見事に落ちていた。
「くそっ!TOM9のおやじ!」
曹操は地面を蹴った。
「怪しいとは思っていたが・・・あふ」
あくびをする劉備。
「あの龍之介とかいう給仕の酒に酔わされたか」
ふっと笑う孫堅。
「・・・」
董卓は無言でこの状況を眺めている。
「これで終わりだな。さて、帰るか」
「ここまで来て、帰るというのか!劉備」
「しようがないだろ。渡れないんだから。それとも・・・」
劉備は少し意地悪気な顔をして曹操を見る。
「曹操殿は渡れると?」
ぐっと詰まる曹操。
その声を聞きながら、孫堅は橋がかかっていたと思われる崖下を覗き込んでいる。
董卓も一緒に覗き込む。
何事か考えて、孫堅が董卓に縄を持たせた。
その縄を董卓はぐるぐるとお腹に巻き付けた。
お互いにうなずいて・・・。
董卓が崖下に落ちていく。
「あっ!」
二人の声が重なる。
落ちたかに見えた董卓は、『ぽよん』という音が聞こえた後に、再び姿を見せ向こう側にたどり着いた。
「さあ行くぞ!」
「そ、孫堅殿!」
「孫堅、今の技は・・・」
「ふっ、董卓殿のゴムのような脂肪を利用したまで・・・」
「さ、さすが董卓殿だ!」
こうして、4人は無事に向こう側にたどり着いたのだった・・・。

しばらく行くと、大きな2階建ての家が見えてきた。
あれが桃源郷か・・・。
いつの間にか4人は早足になっていた。
「待て!四人一緒に開けようじゃないか」
曹操が途中で3人を制する。
「そ、そうだな。皆で開けよう、いいな」
劉備は順番に皆の顔を見ていく。
「抜け駆けは許さんぞ」
孫堅も同じように皆の顔を伺っている。
「・・・」
4人とも頷く。
そして、ドアの前に辿り着いた。
4人それぞれがそれぞれの桃源郷を思い描く。
ごっくん。
誰かが唾を飲み込んだ時、4人の手がドアを開けた。
ドアは思いのほか軽かった。
『ばん』という大きな音とともにドアが全開になった。
目に入ったのは、かわいらしい熊のような生き物。
突然ドアが開いて、びっくりしたのだろう。
わた菓子をくわえたまま、こちらを見て固まっている。
そしてハッとすると、手足をバタバタさせながら喋りはじめた。
「あ~、らいぱのわた菓子を食べに来たんだね。でも、リョーチョーが作ってくれたわた菓子は誰にもあげないよ!全部らいぱのだぉ。とってもおいしんだぉ。らいぱ、リョーチョーのブログの解説してるからご褒美にもらったんだぉ」
4人は思った。

か、かわいい♪

「思っていた桃源郷じゃなかったけど、これはこれでいいな」
「うむ、劉備殿のいう通り」
「劉備も孫堅もどんな桃源郷を思い浮かべていたんだ?」
「それはな、ま、いろいろだよ・・・なっ、孫堅殿」
「そ、そうだな、劉備殿。・・・そういう曹操殿はどうなんだ」
「ま、まあいろいろだ・・・いろいろ・・・」
乾いた笑い声をあげる3人であった。
「じゃ、帰るか・・・」

その頃、董卓はらいぱをじ~っと見ていた。
びくびくするらいぱ。
董卓の手がらいぱに伸びる。
びくんとなって目をぎゅっとつぶるらいぱ。
その手はらいぱの頭をなでなでしだした。
目を開けるらいぱ。
しばらく撫でていると、そのうち耳が『ぴるぴる』動き出す。
「董卓、行くぞ!」
呼ばれて、董卓の手が離れる。
少しためらって、らいぱが声をかける。
「お、おじさん、これあげるぉ。リョーチョーがらいぱの為に作ってくれたわた菓子だけど、ちょっとだけおじさんにあげるぉ」
わた菓子を董卓の手に渡す。
らいぱの耳が『ぴるぴるぴる』と早い速度で動いている。
董卓はもう一度らいぱの頭を撫でるとドアから出ていった。

「それ、どうしたんだ?董卓殿」
入り口で待っていた劉備が聞く。
無言でわた菓子を食べる董卓。
そのわた菓子は、ほわほわでほんのり甘くて・・・。
「・・・董卓殿が笑ってるのを始めて見たよ。すげ~うまいんだな」
その時、曹操と孫堅がやってきた。
「劉備、やっぱりTOM9のおやじにだまされた。簡単にここに来る方法があったんだ」
「やっぱりな。どこかで見たことあると思った」
「劉備殿も人が悪い。わかっていたなら、教えてくれれば・・・」
「いや、さっき気付いたんだよ。ここって村の名物だ・・・ほら、あそこ」
劉備が指差す先、そこには大きな桜の木があった。
今が旬と咲き誇る薄いピンクの花。
その花びらが、風に乗ってこちらにやってくる。
「思い出した・・・」
「俺もだ。酔っぱらってその名前だけ記憶していたんだな」
この大きな桜の名前が。
「桃源郷・・・」
4人の声が重なる。
そして4人は笑い出した。
「たまにはこんなこともいいな」
「だが、騙されるのは二度とごめんだ」
「じゃ、飲みに行くか」
「響輝に!」
また4人の声が重なる。
そして、4人は酒場に行くために歩き出すのだった・・・。

☆-おしまい-☆

プロフィール

真音

Author:真音
北海道で、音ゲーやってます。
主に雑食で、初心者。

訪問してくれた人

過去ログ

ぐぱ

ただいま推進中!



amou

mana

グリムス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。