携帯ホームページ
たまごだっていいじゃない? 2005年12月

たまごだっていいじゃない?

主に雑記です

今年最後のプレイだよ☆全員集合(w

最近大戦に行くと、黄色い軍団を多く引いてます。
何太后とか廬植とか2日連続で引きました。
これは、かの人のことを書いたからなの~?
さらに、悪いことにSRどころかRも引けなくなってしまいました。
私が行くと必ず、一台空いてるんですよね。
そこで、やるからなのかな~。

さて、R策、R瑜、夫人、沢、泰でやってきたんですが、突然連敗して、八品近い七品まできました。
原因は兵法・・・だと思う。
連環にした途端、がたがたになったから。

さて、沢をなんとなくオークションで落札した呉国太にして、やってきました。
兵法を再起になおそうと思ったら、間違って増援にしてしまいました。
しかし、えい、えい、えいで討伐成功。
なんで?
自分が信じられません。
増援は案外このデッキにあってるんだ~と思いました。

さらに次の日も増援にして、2連勝できました。
引きは黄色をまたw
何回かやって六品にあがれたので、魏単でちょっと遊んでみます。
兵法を連環にして、カイ越から程イクに変えてみました。
一勝はできたけど、太史慈ワラワラにワラワラ攻めをされ、負けました。
序盤の立ち回りがどうも下手です。
苦手だなあ。
こういうときに、流せたら、とか考えてしまいます。

これで今年は終了だ~、で二枚排出されたので、おたのしみで家に持って帰ります。

家で透明フイルムを作ろうと思ったんですが、上手くできません。
う~、ビリビリ。
結局やぶってしまいました。
ここにいるぞ!
U馬岱か・・・。
あと、一枚。
無理だな、最後ぐらいR引きたかったな。
ビリビリ。
今年を締めくくるにふさわしいカードが来ましたよ。

暴虐なる覇道

SR董卓でした。

最後の最後にSRを引けて良かったです(ほんとか?

お菓子紀行 ~獅子天饅頭を訪ねて~ (BlogPet)

たくさんは、ホールでありながら売り上げを伸ばし、いまでは芸能人のファンも多数いるそうですね
このゲーセンはおかしいって
そこで実験をしたらしいです
どちらもおいしいですが、私は槍点ので、それも黄色い軍団ばっかりだったらしくて・・・
かなり怒ってました」「え~
、可愛黄色とかされました
創設50周年記念にお話を伺いました
むつーさん「私たちが、こちらはまんべんなく出るのにおいしかったの♪」
真音たちが、孫尚香がお送りしたかった


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

目標はEXで1勝!

年末の忙しさからか、すっかりブログはご無沙汰してます。
年賀状とか、餅つきとか、忙しかったんだい。

今回、気分転換をかねて、デッキを変えてきました。
ちょうど七品に落ちたし、ネタを使うなら今のうちだ!と思って。

コラボの影響か、名君を使いたくなりました。
で、名君といえば流星かな?
柵持ちだし、小喬かな?
いや、EX二喬だ!
ということで、デッキはこちら。

名君、二喬、柵持ち火計、何とかしてくれる人、ママ

あんまり勝てる気がしませんが、まずはCOM戦。
まあ、勝てますよね。
今度は全国へ。
蜀単の皆さんです。

奮起劉備、旧R関羽、その他の皆さん

斜めに柵を置きます。
兵法は再建の法。
ここら辺が遊んでますねw
士気たまったら、名君、流星で頑張るしかありません。
たまに漢の意地。
たまにママと虞翻がちゃっかり攻城・・・と思ったけどできませんでした。
でも、なぜか勝てちゃったんだな。
僅差でしたが・・・。

二回戦。
涼単デッキ。
流星の天敵(?)、R王異がいますが・・・。
序盤に攻め込まれ、一発入れられます。
名君使ったけど、やられてしまいました。
今度はこっちの番と流星を使います。
その後、鉄壁2連発で相手の城ゲージ元通りに。

結局、負けてしまいました。
でも、当初の目標、1勝はできたし、って早いよ。
1勝は当分できないだろうな~、なんて思ってたから、ブログネタにしようと思ってたのに・・・。

もうちょっと、違うデッキも考えよう・・・。

札幌旅行記 二日目 (BlogPet)

きょう伯符が発見しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

お菓子紀行 ~獅子天饅頭を訪ねて~

こんにちは。
お菓子紀行の時間がやって参りました。
司会は私、真音がお送りします。
今日のお菓子は、ホールでありながら売り上げをのばしている、獅子天饅頭にスポットを当ててみました。
その獅子天饅頭のルーツを探っていきましょう。

ここ、獅子天ホールは昭和初期に建てられ、小さなホールでありながら、いろいろと新しいことに挑戦してきました。
地域性を重視し、地区住民に無料で解放したり、コンサートホール、演劇場としても使用されてきました。

創設50周年記念に発売された、獅子天饅頭。
これは、地域住民に無料で配られました。
写真がないのが残念です。
このころはまだ発売していませんでした。
獅子天ホール館長の顔が焼き印してあります。

現在の獅子天氏が館長になったときに、ホールは改装されます。
地域住民とさらに密接なつながりをと、コンサートホールはもちろん、展示室、図書館、調理場も設置しました。
記念にと発売したのが、獅子天饅頭。
これは、現館長の顔をイメージして作られました。
かわいらしい顔の館長が笑っています。
中はサツマイモの餡が入ってます。
販売してから徐々にに売り上げを伸ばし、いまでは芸能人のファンも多数いるそうです。
その中の何人かにお話を伺いました。

番組プロデューサー荀平さん
「獅子天饅頭はほんま美味しいから、ここに来た時はいつも買うて帰ってるんですよ。
家族が喜ぶんですわ~、可愛いしぃ、一口サイズやしぃ~て。ほんで、もう少ししたら通販も始めるとかも聞きましたよ。ええ、そらもちろん買いますよ!ほんま獅子天さんは商売上手ですわ~♪」

ダブルSさん
「私たちが最初に獅子天饅頭を頂いたのは、『オンエアバトル☆計略編』でホールを使ったときですね。そのときにおいしかったので、たくさん頂きました」
「え~、甄ちゃん、もがもが・・・」
(蔡文姫、甄に口を押さえられる)
「また、ホールを使わせて頂くことになったら買って帰ります。今度CMも始まりますのでそちらも楽しみにしてて下さい♪」

このように評判の獅子天饅頭ですが、さらに驚くべきことが発見されました。

番組ADむつーさん
「僕が友達に獅子天饅頭をあげたんですよ。リョーチョーって言うんですけど。そいつに聞いた話だと、獅子天饅頭を食べた後に、三国志のゲームをやりにいったら、対戦する相手が、黄色い軍団ばっかりだったらしいです。そのゲーム、終わったらカードが出てくるんですけどそれも黄色い軍団ばっかりだったらしくて・・・かなり怒ってましたよ。このゲーセンはおかしいって。普段はまんべんなく出るのにって。そこで実験をしたらしいです。獅子天饅頭を食べる前と後と。で、獅子天饅頭を食べると黄色ばっかりと当たるし、カードも黄色が出るという結論になりました」

よくわからないですけど、獅子天饅頭は黄色の軍団を引き寄せる効果がある、と。
黄色は金運を呼びますからね。
いいことです。
え、今、ちょうど中継がはいっているようです。
ホールの売店に孫尚香さんが行ってるんですが、孫尚香さん?

「は~い、こちらは獅子天ホール売店です。ちょっと人が多いんですが、売り場をちょっと覗いてみましょう。まず入り口、獅子天饅頭のぬいぐるみですね。このぬいぐるみが出迎えてくれます。その奥に、これが獅子天饅頭ですね。その隣にキーホルダー、ポーチもあります。そして今回、姉妹品として、槍点饅頭を出すと言うことで、それが、こちらになります」
「形は同じように見えますが・・・」
「こちら、中に入っているのがこし餡になっています。こちらはウインクしてますね。さっそく頂いてみましょう。・・・うん、やっぱり十勝の小豆を使っていますので、おいしいです。どちらもおいしいですが、私は槍点の方が好きですね。そしてですね、今回槍点饅頭発売記念と致しまして、1000名様にクッションをプレゼントするそうです。応募方法はとっても簡単です。獅子天饅頭、もしくは槍点饅頭、いずれか5個以上買ったお客様に応募用紙をお渡しするので、必要事項を書いてポストに投函するだけになってます。ぜひ、この機会に応募してみてください。以上、孫尚香がお送りしました」
「ありがとうございました」

獅子天饅頭はこうして、発展してきました。
来年になれば通信販売も始まります。
これからも、どんどんアイデアを出して、地域住民のみならず、全国の皆さんと結びついていくでしょう。
これからのお菓子として。

~おしまい~

三戦で参戦。

ちょっとデッキを変えてみようかな?なんて思ってプレイしてきました。
兵法は連環。

R孫策・旧R周瑜・呉夫人・周泰・カン沢のお友達デッキ。

一戦目。
甘寧・呂範入り呉単デッキ。
も、デッキ見た瞬間に負けたと思いました。
甘寧苦手だし、開幕攻城でしょ。
序盤に甘寧に一発入れられる。
それは、周瑜の火計で撤退させる。
それから攻めたら、火計返しをされ、孫策と周泰撤退。
頑張って、3人で攻城する。
終盤、甘寧に張り付かれ計略使われて、周泰・孫策で対応。
孫策は蛮勇をしてくい止めました。
でも、次々撤退。
もう駄目だと思ったときにタイムアップ。
何とか、勝てました。

3ゲームしかしないぞ! (BlogPet)

伯符は柵へ真音は再起♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

3ゲームしかしないぞ!

札幌でかなり下がったので(七品ぎりぎり)ちょっとでも上げようと行って来ました。
でも、3回だけって決めて・・・。
やっぱりお金がないのが痛いです。

いつもの呉単デッキです。
椅子に座るといつものホームって感じがしました。

1回戦。
程普・U小喬・張昭・SR呂蒙他

柵が5枚だったかな?
久しぶりに斜め柵です。
全員、前に押し上げ、柵を壊しにかかります。
4枚柵を壊したら、ほぼこっちが撤退しちゃいました。
呂蒙他3人が来たので再起を使います。
とりあえず、攻城されなかった・・・。
今度はこっちの番で、攻めます。
柵付近まで行ったとき、張昭に再建されました。
え~い、こっちは蹴散らせ×2。
ついでに麻痺矢号令もくらいます。
こっちの周泰の下手ながら手動車輪も炸裂して2・3体倒しました。
その間に呉夫人・パパが攻城にいって勝ち。

二回戦。
蜀単デッキ。
R馬超・R姜維・R劉備・夏侯月姫他

よくわからないけど、挑発もされず、雷は落とされたけど勝っちゃいました。
桃園発動されて、虞翻で焼いてやろうと思ったんですが、ダメでした。
兵力減ってたからいけると思ったんだけどなあ。
無駄打ちしてしまった・・・。

札幌旅行記 二日目

11月14日
朝から、雪が降っている。
天気予報は、雪が降るって言ってなかったから一時的なものだろう。
でも、寒い。
バスに乗って、地下鉄まで。
平日なので、学生さんや会社員の人達が次々に乗ってくる。
そのうち雪はやんでしまった。
地下鉄で、大通駅まで。
ここでいとこと別れる。
大通駅からバスターミナルまで歩いて行く。
ターミナルで荷物を置き、札幌駅まで徒歩で。
9時に札幌駅に着いた。
11時に用事があって、それまで時間があるので、マキシムの下見に行く。
案の定迷う。
うろうろしているうちに、マキシム発見!
見つけられて良かった~。
でも、まだ閉まっていた。
とりあえず、軽く食事して、麻生に用事をすませに行く。
2時間後、目は真っ赤(たぶん)鼻はぐすぐすで地下鉄に乗って札幌駅に到着。
思いっきり、泣いてきました!
ストレスが結構たまってたみたいです。

こんな状態でマキシムに行くのもどうかな、と思いつつ行ってみる。
2台空いている。
やっぱりこの時間じゃ覇王様はいない。
で、プレイしてみる。
緊張するし、なんだかお尻が落ち着かない。
やっぱり、事務用の椅子は動くよ。
そのせいか負けてしまう。
排出カードは郭皇后。
やっぱりパロの方がいいかな、と思ってそっちに行ってみる。
なんだか混んでるんですけど・・・。
それでも頑張ってプレイするも、ず~っと負け続け、結局品は七品に降格。
排出カードもRとか全然出てこない。
劉表・劉璋入り柵6枚デッキにも負けて、時間切れ。
とっても悔しい思いをして、札幌を後にする。
今度来るときは、勝って帰りたいものだ。

札幌大戦記 一日目

のばしのばしになってましたが、札幌にちょっと行って来ました。
もう一ヶ月も前のこと・・・。
その時のことを書こうかな?と。
お金もネタもないしね。
雪降ったら、冬眠するし・・・。
ということで、過去のことなどを小出しに出していこうと思ってます。

11月13日、1時15分、都市間バスで札幌に到着。
いとことの待ち合わせ時間まで、まだ余裕。
ということで、ゲーセンにでも・・・。
早速、札幌駅で地図確認。
パロとマキシムが近いみたい。
マキシムに行きたいと思ったけれど、パロの方が近かったのでそちらに行く。
とりあえず、ぐるぐる回るかもしれないな〜、なんて思っていたらすぐに見つかった。
ドキドキしながら店内へ・・・。
店内中央に筐体はっけん!
一台、空いていたのでそこでプレイ。
って全国できなくなってた・・・。
ということでCOM戦へ。
途中で店員さんに、これが終わったらやめてくださいって言われて、コイン投入口にガムテープを貼られてしまった。
札幌最初の排出カードは曹彰・・・。
終了した後、リセットされるまで店内をうろうろ。
やっとできるようになって、早速プレイ。
勝ったり負けたりを繰り返しつつ、六品真ん中までいく。
ちょっと討伐成功なんかして。
でも、このお店、人の声がばっきし聞こえるんですけど・・・。
帯広は、他の音が出てたりして、結構人の声って聞こえないんだけど、パロはなぜか音がそんなに聞こえない。
後ろで見てる人の声が、プレイ中に聞こえてきて困ってしまった。
でも連コする人もいなくて、マナーが良い。
新Rの張遼も引けたので、しばらく他の人のプレイを見学。
ぼ〜っと見てると、あら覇王が来た。
かわいそうに・・・なんて思ってたら、札幌の方が覇王でびっくり。
蜀単の4枚デッキを使ってプレイしてた。
旧SR劉備・R関羽・U張飛・張松
いままで、こんな間近で覇王様のプレイを見たことがなかった。
覇王の手動車輪ってすごいんだ〜。
最近、手動車輪さぼり気味の私。
反省。
周泰で手動車輪頑張ろう。

待ち合わせ時間が近くなってきたので札幌駅に移動。
いとこと、えきスタで待ち合わせ。
その時に次の日、面接だと知る。
えええ〜、大丈夫なの?
ということで、次の日かなり早い時間に、いとこのアパートを出ることになった。

う〜ん、起きれるかな〜?

〜ということで、札幌旅行記 二日目に続く〜

『ICB』 3rd Album おまけ

今回はICBのおまけとしましてこんな話を書いてみました。
ちなみに本編はこちら↓

ICB 3rd Album

なので裏側はありません。
もちろん陳羣は、脇役でこの人かな~って感じで出てきます。
いつの間にかICBよりこっちのほうが面白くて・・・。
なぜか、獅子天さんの文章以上に長いので(オイ
心してみるように、お願いします。
いや、暇なときにしか読めないでしょうけど・・・。

この話には、ブログの住人の名前がありますが、その人達とは何ら関係がありません。(前にも書いたな)
ただ、関西弁がよくわからない・・・。
使い方がおかしいと思ったら教えてください。
なおします。
こう書くと出演者がわかっちゃうな。
では、どうぞ♪

コラボブログ~SR孫権の巻~ (BlogPet)

伯符は修理されたみたい…

夜は、小さくなった?夜は、B l o g P e t(ブログペット)の「伯符」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

『ICB』 3rd Album

今回も、参加することになってしまいました。
今回のお題はこちら。↓




この話には、ブログ住人の名前がありますが、実在の人物とは何ら関係がありません。
オチに使ってごめんなさい・・・。

それでは、コラボの方どうぞ。



陳羣は獅子天ホールの楽屋に帰りながら考えていた。
何が悪かったんだろう。
『オンエアバトル☆計略編』に出場すること、9回。
12組が参加して、5組がテレビでオンエアされるサバイバル番組。
放送しては駄目だと思った計略は、観客が持っているボールを投げつける。
つまり、ボールが少ないほどオンエアしてもいい計略なのだ。
最高で100人、100アタックが出れば、絶対に放送されない。
番組のディレクターの話だと、だいたい40アタックでギリギリだそうだ。
陳羣が出場するといつも35アタック前後。
しかし、いつも他の出場者が20~30アタック前後をだすのでオンエアされなかった。
運がないと言えば・・・ない。
最近の陳羣のあだ名は「不運の陳羣」だった。
今日も、今日とて、反省会。
自分の何処が駄目だったかを考えてみるのだった・・・。

舞台袖からゆっくりと、巻物を持って出ていく。
これは、いつものこと。
舞台中央に立つと、ライトのせいか、緊張のせいか、だらだらと汗が流れてくる。
これからの説明にすべてを賭ける。
巻物を見ながらの説明は悪くなかった。
皆、この説明に納得して、頷いてくれる人までいる。
そういえば・・・。
計略の使用方法を説明して、実際に使ったとき、皆の表情が変わったような気がする。
なんだ、何があった・・・。
!!!
そうか!あの声だ!
あの『けーけっけっけ』という何とも言えない声に、皆引いたのだ!
やはり、あれは『はーはっはっは』にしとけばよかったのだ。
今更ながらに後悔する陳羣であった。
大きなため息を一つついたその時。
「あ~、今日出てた人だ~」
そこには今日の司会者、ダブルSの蔡文姫がいた。
後ろには甄もいる。
「し、司会、お、お疲れさまです」
「お疲れさまです。残念でしたね。応援してたんですよ」
甄に微笑まれて、陳羣は天まで昇る気持ちだった。
「あ、ありがとうございます」
「じゃ、また出てね~」
「また出場してくださいね」
ダブルSは楽屋に入っていった。

陳羣はちょっとうきうきしながら、楽屋に入った。
他の出演者達は、もう帰ったらしい。
ふと見ると陳羣の荷物の近くに箱があった。
アンケート用紙とこの獅子天ホール名物、獅子天饅頭が置いてある。
その上にメッセージが・・・。
『オンエアにならなくて残念でした。あなたの計略が一番良かったと思います。これに負けず、また頑張ってください。獅子天ホール館長より』
陳羣はちょっと感動した。
そうだ、もう一回チャレンジしてみよう。
今度こそ、オンエアされるかもしれないもの。
ダブルSも館長も応援してくれてるんだし・・・。

しかし、陳羣は知らなかった。
この獅子天饅頭は、今日来た人、全員に配られていたことに・・・。

コラボの裏側~SR孫権の巻~

コラボブログ参加の皆様、お疲れさまでした。
ここでは、毎度のことながら裏側を書いていきたいと思います。

木曜日、コラボがあることを知る。
月初めで忙しいがSR孫権、コラボは日曜ということで参加決意。
危うくフライングしそうになる。
後から確認すると、かなりな人数にちょっとびっくり。
大丈夫なのか?と思いつつ、参加表明。
この頃から、せっせとリンク貼りをやる。
前のコラボのリンクをコピペして、締め切りまで待つ。

SR孫権をどうしようか考える。
なんとなく脳内で孫権がペギ○マやってる図がうかぶ。
守備の呪文を唱えようとするが、忘れたらしい。
私が・・・。
孫権が練習中に、孫策がえらいぞ~、という微笑ましい図が思い浮かぶ。
でも、まだどういう風にさばくか未定。

土曜日、まだまだ考え中。
ママに「周泰を呼びなさい、彼なら何とかしてくれるでしょう」という台詞を言わせる。
でも何に対して、が、まだ出ていない。
仕事をしながら考えに考える。
この時点で、早めに上がるのは無理そうと諦める。

もう日曜日になってしまった。
某N○Kの韓国ドラマを見てたから・・・。
シンさんのブログを見る。
お、恐ろしいことに、私を入れて33サイトもある。
驚け!(いや、もう飽きてきたよね・・・
1時ぐらいからせっせと書き始める。
いつの間にか、周泰は修理屋周泰に・・・。
でも、周泰を出さないとこれじゃ、どうでしょうね~、というデッキになってしまうので。
ラストを思いついたのは、お風呂に入ってて。
パパ、お空で見守っていてね☆
なんて、台詞を思いついたから。

その部分だけ、なんか浮いてるのは、無理矢理終わらせたからか・・・。
なるべく、皆さんの見る負担を軽くしてあげたかったので削除していった。
R王異とかね。
出そうと思えば出せたけど・・・。
3時半、とりあえず公開。

ちらっと他の人のブログを見てみる。
やっぱり、この人は早かった・・・。
TOM9さん。
シンさんも早い。
でも、もう遅いので寝ます。
おやすみなさい・・・。

コラボブログ~SR孫権の巻~

コラボブログ、今回はこのカードです。

☆孫権 字は仲謀 呉の君主
☆コスト2 弓兵 武力5 知力8
☆特技 防柵・魅力
☆ 計略 守成の名君 
☆効果範囲 自陣内
☆必要士気 4(今回は普通)
※おまけ この絵はちょっとおじさまくさい・・・。


ここは、とある小さなお屋敷。
そこには、最近夫を亡くした夫人と小さな兄弟妹達が住んでいる。
これは、むりやりお隣さんを巻き込んで、わたわたするちび助たちの物語である・・・。

その日、孫権は庭でなにやら練習中。
それを見て、孫策と遊びに来ていたお隣の周瑜が孫権の所にやってきた。
「仲謀、何をしてるんだ?」
「兄上、お屋敷を守る練習です。僕がお屋敷を守れれば、兄上は安心して戦場を駆け回れるでしょう?」
「仲謀・・・」
孫策の隣で聞いていた周瑜がくすくすと笑う。
「どうやら、屋敷の守りは弟君にお任せした方がよろしいですね」
「公瑾。俺は守りよりも攻めが性にあってるだけだ」
孫策は塀を軽く叩き始めた。
「では、私は仲謀さまを守るために伏兵を用意し、攻めている伯府さまを援護するために火をご用意しましょう」
「援護など・・・。この身一つで充分戦える。こんなふうに」
孫策は、屋敷の塀を力一杯叩いた。
「あ」
「あ」
「あ」
驚く三人。
塀には小さなこぶし大のくぼみができ、その周りにひびが入っている。
「こ、公瑾・・・」
「自業自得です」
「兄上、僕が頑張るよ。えいっ!驚け!驚け!」
「仲謀さま、あなたでは元の形には戻せません。・・・しかし、困ったものですね」
「公瑾、落ち着いてないで、何か良い案はないのか?」
その時庭を通りかかった呉夫人が、三人の所へやってきた。
「公瑾どの、来ていたのですね」
にこやかに周瑜を見ていた呉夫人の目がふと塀のほうを見る。
塀のくぼみを凝視し、固まる呉夫人。
「・・・伯府どの、これはいったいどういうことです」
「母上、何故私だと・・・。この場には、仲謀もいるし公瑾もいるではないですか」
「この中に、あなたより強い者がいると?」
「・・・すぐに修理します」
「修理屋の周泰を呼びなさい。彼なら今日中に何とかしてくれるでしょう」
「母上、無理です。この屋敷には作者が用意したコスト8の呪いがかかっているのです」
「呪い?なんと面妖な・・・」
「今コストを7使っているので、コスト2の周泰は呼べません」
「・・・どうして伯府どのはコストなんたらがわかるのですか?」
「それは・・・」
「おくさま、私が呼びに行きましょう。伯府さまもそれでいいですね?」
周瑜はにっこりと、しかし有無を言わさない口調で言った。
「おまえ、一人だけ逃げだそうとして」
「いいですね?」
うなずくしかない孫策。

周瑜がいなくなって、ほどなく周泰と虞翻の修理屋がやってきた。
その途端、体が重くなる五人。
「こ、これがコスト8の呪いなんだ」
「伯府どの、それはいったいどういうことなのですか?」
「コストが8以上になると体が重くなって動けなくなるんです」
「でも兄上、僕たちの他には誰もいないのに?」
「ええ~い、うっとうしい」
「母上、台詞が違います」
「伯府どのの言っていることはよくわからない。さっきからなんなのです?」
「話せば長くなるんです!」
「えいっ!驚け!驚け!」
「火も使えないとは・・・」
「俺が屋敷の外に出よう。漢の意地をかけて」
重い体を無理矢理動かそうとした周泰だったが、その途端五人にかかっていた重さは消えた・・・。
「呪いが消えた?」
辺りを見回す孫策。
そして、異変を発見する。
塀のくぼみが、ひび割れが、見事になくなっていた・・・。
「・・・これは?」

孫権は、ふと視線を感じて空を見上げた。
きれいな青い空に、なんとなくうっすらと見えるその人は・・・。
・・・父上?
それは一瞬のことで幻とも取れる時間。
父上がなおしてくれたんだ・・・。
それは確信。
父上、僕頑張るよ。
頑張って父上や兄上のようにすごい君主になるんだ。
だから、それまでもっと驚け!の修行するからね。
空から見守っててね。
父上・・・。

☆おまけ・・・その頃の孫尚香、心の叫び。
皆、出番があっていいわよね。
孫家の一員なのに作者は全然私にふれないし・・・。
忘れられてるんだわ。
こうなったら、絶対強くなってやる!

その後、孫尚香が武芸に秀でるようになったのはまた別のお話・・・。

☆ -おしまい-☆

ミーハー魂復活!

水曜日、とあるファンクラブの会報が届きました。
会報と一緒に入ってるチラシの中に、お芝居のチラシが。
その人がその演劇に出ることは知っていたけれど、詳しい場所までは知りませんでした。
今回、公演する場所を見て、びっくり。
地元にくるよ~。
今回のチラシはファンクラブの先行販売です。
大きい都市だけのようです。
とりあえずホッとして、そして久々に燃え上がりました。
ミーハー魂が。

チケットを何が何でも取る!
土曜か日曜だといいな♪
前に大泉さんとミスターのトークショーの時は、30分前でやたら並んでいたっけ・・・。
じゃ、それ以前に行けば・・・いや、今度は違うとこで取ろう。
チケット代金を確認してみる。
ごせんごひゃくえんからななせんえん・・・。
高いじゃないか!
いや、宝くじ基金で安くなるかもしれない。
半額ぐらいに・・・。

なんだか、わくわくしてきて、何故か気持ちも急上昇。
でも、わたし、その人あんまり好きじゃないんだけど。
でもナックスの一員だし、久々にお芝居を地元でみることができるかもしれないので、嬉しくなってくる。

うう、でもこのお芝居、来年のお話です。
その時まで、このわくわく感が持続すればいいけれど・・・。

『ICB』 2nd Album (BlogPet)

夜は、小さくなった?
夜は、長めと深く部分と長めと深く部分とかを発送しなかったよ
と、伯符は思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「伯符」が書きました。

プロフィール

真音

Author:真音
北海道で、音ゲーやってます。
主に雑食で、初心者。

訪問してくれた人

過去ログ

ぐぱ

ただいま推進中!



amou

mana

グリムス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる