携帯ホームページ
たまごだっていいじゃない? 2005年09月

たまごだっていいじゃない?

主に雑記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たって砕けろ!

今日は七品昇格戦+八品降格戦をやってきました。
あんまり会いたくなかったですよ。
荀イク様、とその仲間、許チョ。
今回の目標(?)は荀イクに当たって砕けろ!になってしまいました。

真ん中に森が広がってて攻めづらい。
序盤に郭嘉が撤退。
残ってるのは、夏侯惇、程イク、荀攸、典イ。
さて荀イクが見つめるのはこの3人のうち誰でしょうか?
答え、どう考えても動かない荀攸が見つめやすい。
いったん夏侯惇、典イを自城に戻したんですが、荀イクが荀攸を見つめているのがわかって、もう計略使えませ~ん状態です。
すごく恐かったです。
弓を打つでもなくその場でじっとしている二人が・・・。
夏侯惇を自城から出して、森の中にいる荀イクに迫ろうとします。
が、許チョが後ろからきて挑発。
なんか引っ張られていくんですけど・・・。
荀攸、てったい・・・。
よし、こうなったら典イ行け!
もう、計略は使えないので力技しかない。
許チョを撤退させ、なんとか攻城させずにすみました。

今度はこちらの攻撃だ!とばかりに左側から攻めます。
すると、右側からするすると相手がやってきます。
右側に郭嘉、程イクを出して牽制します。
とりあえず、その間に典イで一発入れたような気がします。

今回は常に荀イクを意識して、戦いました。
相手に攻められたときも、荀攸と夏侯惇は荀イクのほぼ正面に位置して、端から郭嘉を出して後方指揮を使ったらうまくいきました。
反計されたらどうしよう、とかドキドキしながら使いましたが・・・。
それと久しぶりに荀イクを撤退させました。
今まで荀イクに当たっても、こっちがびくびくしたあげく「ごくろうさまです」って言われる日々が続いていたので、良かったです。
なにより、許チョがセットでこなかったので何とか勝てたのだろうと思います。

でも、その後の対戦はさんざんでしたが・・・。
勝ったり負けたりを繰り返し、上がって下がってもう大変です。
何とか七品ギリギリをキープして終了。
スポンサーサイト

策を使ってきた。

魏単デッキを使ってきました。
神速と大号令が多いです。
張遼もホウ徳もいる、久しぶりに夏侯淵(馬)にもあいました。

大号令かけられても普通に対処できるようになりました。
夏侯惇で睨みをきかせる。
それだけなんですが、とても戦いやすいです。

サブは八品半ばに来てます。
メインは相変わらず七品ですが、今回昇格戦まで行きました。
最後の最後に一発入れられて負けましたけど・・・。

そのときに使ったのが呉単デッキ。
R孫策・R孫堅・R呂蒙・SR呉夫人・虞翻

周泰をはずして孫策を使う。
とっても嬉しいけど、焼かれまくる策。
いや~!って叫びたくなりました。
相手も呉単デッキでやっぱり火計持ちなんですよね。
こう見ると、呉は呉で、魏は魏で当たってるんですよね。
何故なんだ?

話がそれましたが、R呂蒙をはずして、R太史慈にしたほうがいいって言われました。
蒙ちゃんをはずすんですか?柵付きなのに・・・。
相手がそれを読んだのかわかりませんが、柵にこだわらなくてもいいと。
やっぱり太史慈入れようか・・・。
ちょっと悩み中。

ホントは策の話題のハズなのに・・・。
活躍しないで終わると、こんな扱いになってしまうのか・・・。
あ、なかなか賢母天啓ができずに困ってます。

状況判断ミス

知らないおじさんに千円貢いでしまった~!

という訳で(どういう訳?)、今回は状況判断ミスについて考えてみます。
土曜のバイトの話です。
おじさん二人が買い物に来て、一人会計終えてゴミ袋の話題になったんです。
それに答えてたら、もう一人のおじさんが「おつり!」と言うので(画面は会計画面でお金もらった画面じゃなかった)おかしいな~と思いながらおつりを渡しました。
自分でも、何故そうしたかわからないんですが、レジ上げをしたときに千円少なくなってたので、あのときだ!と思ったわけです。
もちろん千円は実費で払いました。
明らかに状況判断ミスでしょう?

前振り長くてごめんなさい。
どうしても、言いたかったんだ。悔しくて。

今回は、某麻雀雑誌に書いてあったことをもとに書いてます。
わかった方はコメントにどうぞ。
当たっても何もでませんが・・・。

その本には、情報はたくさんあるけれど、本当に身に付くものは自分が実体験して実行していくことで身に付くこと。
状況判断とは微妙な変化のこと、その変化にすぐさま判断をつけていくこと。
初心者はその場その場の状況で判断するけれど、上級者はもっと先々のことまで考える。
状況判断ができればできるほど、上級者。

ということが書かれてました。
かなりはしょって書いてますので、人によっては解釈が違うかも・・・。

私は、三国志大戦を実践でやる前に、三国志大戦関連のHPをずっと見てました。
頭の中ではわかっていたことでも、実際、実践でやってみると全然違います。
悲哀の対処だってわかっていたつもりでした。
当たった途端、どうしていいかわからない。
はじめて当たったデッキも同様です。
いかに、頭だけで考えていたのかがわかりますね。

今でも、初心者の状況判断ミスを繰り返してます。
荀イクにもびびってます。
でも、怖がって計略を使わないことは打つ手を縮めていることになります。
これからは、荀イクにあたってくだけます(オイ
そして、上級者に一歩でも近づければいいなあ、なんて思います。

子供わらわらと悲哀と覇王と必殺の計略と

たぶん、更新したら昨日になっちゃうんだろうな・・・。
昨日のことを要約したら、こんなタイトルになっちゃいました。

午後3時ぐらいにゲーセンに向かう。
いたのは 黄巾の 子供の群れでした。
大戦やる人を見つけ、トレードを持ちかけます。

私はいっつも必要カードしか持ち歩かないのでトレードは無し。
っていうか、話しかけてもこないし・・・。
多分、大戦する人とは思われて無いのでしょう。
一応女だし、と、いい方に解釈してみる。

台が開いたので早速悲哀です。
今回は水鏡先生(二品の方です)に教えてもらいながらやりました。

甄皇后・典イ・程イク・カイ越・ケイ道栄・張梁

とりあえず自分で考えたんですが、もう一人の先生龍之介さん、いかがでしょう。
蔡文姫も入れようか、とか考えたんですがそれは保留で・・・。
COM戦でプレイ。
いきなり、枚数が多すぎてどうしていいか迷う。
甄皇后の兵力が少なくなったので自城に戻し、士気がたまったら悲哀。
舞ってる間は無防備なので、とにかく撤退させないようにカイ越で守りながら攻める。
張梁をとにかく撤退させないように回復をつかう・・・んだそうです。
COM戦だけど、滅多にないと思われる甄皇后の一騎打ちで勝ちました。
面白いけれど、悲哀は疲れる。
ひとまず台を水鏡先生に預け、先生のプレイを見学。
その後、台を変えて魏単デッキでプレイ。

その後、何回かやってる内に疲れてきた。
水鏡先生がやっているのを見ていたら、覇王光臨!
・・・あの、二品で覇王と当たるって・・・いやありだと思ってましたけど・・・。
結構有名な覇王様でした。
国に姓名を持つお爺ちゃん覇王でした。
皆さん集まって来ちゃいましたよ。
そして、皆であーだこーだいいながらも手は動いてるんだよね。
勝てるわけないよ!といいながらも勝っちゃいました。
恐るべし!水鏡先生。

再来!

今日、正確には昨日ですか。
勘を取り戻すべく、魏単デッキでプレイしてきました。

今回の目標!
典イを 曹操に 早々に撤退させないこと。
特に伏兵を踏まないように・・・。
当たり前のことなんですけど、この前はできなかったんです。
典イ、伏兵踏みまくって即撤退。
他は武力低めなので、また次々に撤退していきます。
それを止められない悪循環に陥ってました。

1回戦は負けましたが、これはまだ勘が戻ってないんだ~って思って次の対戦。
勝てた~と思ったのもつかの間、また負ける。
勝てた~と思ったら次で負ける。
今回これの繰り返しでした。
最後にやったサブのことのは軍は何故か討伐成功。
八品に・・・。
勘がちょっと取り戻せた感じです。

今回リプレイはありません。
自分の方で手がいっぱいで、あんまり覚えてないんです。

か、勝てない・・・。

最近、再建の法のレベルアップの為(もちろんCOM戦)呉を中心に使っていた。
柵・柵・柵・・・策を柵をいっぱい並べるのは楽しい。
もちろん斜め置き。
徐々に呉単デッキに慣れてきた。

すると、前の魏単デッキが使えなくなっていることに気付いた。
どう動かしていいかわからない。
ついでに計略もどのタイミングで使っていいかわからない。
そして悪い癖が出てくる。
ふらふらと吸い寄せられるように、一人で攻撃にいってしまう。
そして、荀攸の撤退。
彼が最後の砦状態なので、彼がいなくなると、あれよあれよという間に攻城されてしまう。

いつの間にか、後方に(ある程度の武力を持っている)弓兵がいることに安心していたらしい。
荀攸だけでは、物足りなくなったのか・・・。

ということで、負け続け・・・ギリギリ七品にいます。

せめてもの救いは、再建が何故かレベル4になって魏軍の大攻勢を覚えたこと。
ちょっとデッキ構成を考えなければいけなくなったかな?

こんな時に限って排出カードは荀攸がでました。
久しぶりに出たからいいけど、さ・・・。

コラボの裏側~りっくんの場合~

コラボブログに参加した皆様、お疲れさまでした。
全員のところを見て回ってコメント残しましたが、一部コメント送信できないところもありました。
ごめんなさい・・・。

さて、今回はコラボ企画の裏側と称しまして、今度コラボ企画に参加しようかな?と思ってる人たちの参考にして頂きたいと思います。
いや、ネタがないだけです。はい。

では行ってみよう!

水曜日
昼頃、シンさんのブログでコラボ企画発表を知る。
その時はまだ2・3名の参加者だった。
参加するかどうか悩む。


バイト中、りっくん(陸遜)について考える。
ここでやらないと後悔する、と思い参加することに。
バイトが終わって、シンさんのブログを見ると、参加者が恐るべき人数になっていた。
参加するか悩む。
でも、その中に荀平さんやむつーさんの名前を発見。
それなら私も、と参加希望のコメントを出す。

木曜
午前中、仕事をほっぽり出し皆さんの傾向を考える。
シンさんはわかりやすく、TOM9さんはネタで、龍之介さんは一般とネタと半々ぐらいだろう。
荀平さんは写真入りでわかりやすく、むつーさんは最近おもしろ方面にいってるけど、半々かな?
じゃ、私には何ができるだろう。
他の人と同じじゃ見てくれないかもしれない。
そして、こんな人数だと回ってる内に私が飽きる!
1回りっくんを遊ばせて、それから考えることにする。

コラボブログ~R陸遜の巻~

コラボブログ、今回はこのカードです。

☆陸遜 字は伯言 呉の軍師
☆コスト2 弓兵 武力5 知力8 
☆特技 防柵
☆計略 夷陵の炎 範囲内の敵に炎によるダメージをあたえる
☆効果範囲 前方横長(他の火計持ちとは範囲が異なる)
☆必要士気 8(ちょっと重め)
※おまけ イラストが結構きれいでいい感じ♪

必要な情報は書いた。
さて、これからどうしよう・・・。

「使ってみればいいんじゃねぇか?」
えっ。あなたはチビ孫策(ちと口悪し?)。
「そうです。見ているだけでは何もならない。使ってみなければわからないこともあります」
あら、チビ陸遜(軍師なので理知的?)も。

というわけで、チビ二人を連れて(連れられて?)試してきました。
全部COM戦です。全国なんてできません。
呉単のほうがいいかな?と思って呉単でしか試しませんでした。

デッキは火計比べデッキ
R陸遜・R孫策・R周泰・SR呉夫人・C虞ホン

陸遜と虞ホンの範囲と燃やし方を見てみる。
「陸遜、おまえ範囲でかいけど、灰になってない奴いるじゃん・・・」
「それは・・・知力差で決まるからです」
「虞ホンの方が範囲狭いけど、結構いけるんじゃないか?コスト1だし・・・これでコスト2は重いよな・・・」
「そ、それはそういう噂があることも事実ですが・・・しかし関羽殿は撤退したではないですか」
「それは、兵力が少なかったからだろ」
「孫策様も出歩いて伏兵を踏むのはやめて下さい。少し軽率ではないですか?」
「それは・・・君主の動かし方が悪いからだ!」
えっ。矛先がこちらに?
あの~、二人して睨まないでください。
じゃ、じゃ、じゃあ他に試したいデッキがあるから・・・次行ってみよう!
「・・・逃げたな」
「そのようですね」

昨日の続き

2回戦
九品の方と当たりました。
呂布・周倉・張宝・張梁・張魯・程遠志

地形は平地でした。
左斜め柵で張魯。思いっきり無視してしまいました。
そこから動かないし・・・。

呂布は伏兵を踏んで撤退。
張梁・程遠志が左右の壁に張り付きます。
張梁には程イクがついていたので、程遠志の回復を使われました。
1発入って撤退。

そのあと、何となく決め手が無く終盤になります。
今回、荀攸の水計は呂布のために使ってしまいました。
もったいないな~って思いながら・・・。
呂布1人でしか出てこなかったっていうのもありますけど・・・。
最後はみんなで攻城しにいったら、呂布まで手が回らなくて、城門に貼り付かれてしまいました。
戻ることもできないので、皆で必死に攻城。

なんとか数で攻城して勝ちました。

いつのまにやら・・・

サブのことのは軍が十品に昇格して、それからのことです。

いつもの魏デッキ
R夏侯惇・R郭嘉・U典イ・U程イク・U荀攸

1回戦
SR曹操・陳グンデッキ

地形は中央に森が広がってます。
左側がちょっと平地になっています。

すっかり、攻城されまくってしまいました。
城ゲージが4分の1ぐらいに減ってます。

最後の攻防で、全軍出撃して後方指揮をかけます。
夏侯惇、左側で攻城中。典イも攻城中。
さて、もう一度後方指揮を、と思ったら何故か漢の意地発動。
なんで~!って心で叫びながらも典イを城門に移動します。
その時、陳グンが雲散を・・・。
どうにでもなれ!と思って突っ込んで行きます。
郭嘉と程イクは撤退しちゃって、残ってるのは夏侯惇・典イ・荀攸の三人。
典イのすぐ後ろに荀攸を置きました。
相手は多分すべて撤退してました。
誰もでてこなかったから・・・。
頑張って攻城してますが、典イがここで撤退する。
これで1発入れれば勝ちってところまで来ました。
駄目もとで荀攸を城門に貼り付けます。
もうカウントがありません。
荀攸が攻城をはじめます。
カウント3・2・1・・・。

もう、祈ってました。
多分見てる人がいたら、いったい何のゲームをやってるんだ?と思ったことでしょう。
0で攻城開始画面が!
1発入れて落城です。
荀攸の台詞がまたなんともいえません。

『なるようになるもんですな』

ほんと、あきらめないでよかった~。

ネタがないので2回戦、3回戦はまたあとで書きます・・・。

蜀大会にちょっぴり参加

日曜日は絶対混むから行きたくなかったのに・・・。
でもこれを逃すと、蜀大会で1勝という目標が達成できない!
ということで行って来ました。

前回の4枚から5枚デッキで作ってみました。
R馬超・R姜維・Rホウ統・法正・沙摩柯

最初に当たったデッキ
SR馬超・SR諸葛亮・法正他2枚

沙摩柯がいるので、絶対豪雷は覚悟しなきゃいけないな、と思いつつ対戦。
序盤、なんとか凌ぐ。
回復したりしてたんですがその後、豪雷が怖くて自城からでれません!
士気がたまってるので絶対ねらってるよ~。
とりあえず、馬超で一騎当千してから攻城しに行く。
その後に、ホウ統と法正・姜維をだす。
やっぱり来ました。豪雷が・・・。
姜維はさようなら。
そのあと、沙摩柯がでて後は後方指揮をする。
馬超にもかけたので、1発入れる。
相手も後方指揮したので負けじ(?)と後方指揮。

なんとか勝てました~。

参加することに意義がある?

今日、土曜日の振替休日でお休みだったので行って来ました。
やっぱり、平日の12時ぐらいはすいてます。

練習してから参加しようと思ったんですが、なぜか全国も蜀大会も選択できなくなってたので、さらにCOM戦です。
4枚デッキにしてみました。

SR趙雲・SR劉備・R姜維・R徐庶

COM戦ちょっとやって無理そうな感じもしたんですが、ええい、いってしまえ!と思って蜀大会参加です。

こ、腰が・・・

気分は黄忠おじいちゃんです。
日曜から腰が痛くなっちゃって、三国志大戦やるどころじゃなかった真音です。
2リッターペット1ケース持ち上げたときにズキっときて、月曜日は横向きになってからじゃないと布団から起きあがるれなかった・・・。
今日はそんなに痛くなかったので、行って来ましたけど。

ひ、人がいない・・・。
こんなに人がいなくていいんだろうか?
それとも、皆さん蜀大会のためにセーブしてるんだろうか?
とりあえずCOM戦、大会のために何となく連環の法のレベルをあげようかな?と思って選びました。
ちなみに連環の法、覚えたのつい最近です。
もちろんレベル1。

レベル2まであげて終了です。

今日使った蜀単デッキ。
R馬超・R姜維・R徐庶・SRホウ統・C伊籍

・・・すごく微妙だった。
この調子でいくと、1回参加→負け→大会終了して終わりそう。
蜀はいいカードが揃っていると思うけど、持ってるカードはどれも微妙。
やっぱり4枚デッキになっちゃうのかな?
できれば5枚で組みたいけど、そうなるとまた悩むんだよ~。

考えても考えても我がデッキ決まらず、じっとカードを見る。

毎日、蜀デッキのこと考えてるなあ。
おかげで睡眠不足でふ。

こちらは反計範囲内です

ここでちょっとお知らせです。
MacユーザーでIEの皆様にはこのテンプレート、カラム落ちなる現象で見えていたと思うんですが、教えて頂きなおすことが出来ました。
なおっていると思いますが、まだカラム落ちして見えるとかあったらお知らせ下さい。
WIndowsの皆様にはきちんと見えていると思います。・・・たぶん。

さて、本題。
昨日も今日もやってないので、金曜日のことなど・・・。
遅くてすいません。

最近は、蜀単デッキの多さでどのカードで対戦したかっていうのが、ごちゃまぜになってます。
だいたいは、趙雲・馬超・劉備・ホウ統・徐庶・姜維・黄忠の中でデッキ組まれてます。
その中で、SRホウ統に当たったときのお話です。

相手のデッキ、全然思い出せません。
SRホウ統・SR馬超・あと誰だろ?

こちらはいつもの魏単デッキ。
R夏侯惇・R郭嘉・荀攸・典イ・程イク
前、カイ越にしたんですがやっぱり程イクでいくことにしました。
反計使わなくても、牽制にはつかえるかな?と思って。

序盤は、ホウ統が程イクを踏む。
ホウ統を撤退させるも、騎馬に1発入れられる。
お互いに体力を回復させ、いざ総力戦。
右側からホウ統が出陣してくる。とりあえず、程イクで対応する。
その後典イを出陣させる。
夏侯惇は中央から攻めに行く。
その後、郭嘉が出陣。
士気はたまってるから来るかな?と思ったら来ました。
連環のススメが・・・。
運良く反計可能マークがでたので反計です。
とりあえずホッとしました。
その後、1カウントか2カウントぐらいで再び連環のススメが・・・。
・・・ちょっと待ってください。さっき反計しましたよ。
計略を間違ったのか、それとも程イクの反計範囲を読み間違ったのか・・・。
どちらにしても、反計します。
程イクの前では通じませんよ。
これで相手の士気はなくなったので、しっかり落城させてもらいました。

今回は反計2回出来て、活躍した程イクなのでした。


とりあえず七品にまだいますので、当たったらお手柔らかにお願いします。

今回、R司馬イが当たりました。まだまだ水に流し続けろということなのでしょうか?
最近、水使いになりつつあるなあ。

蜀人達にふりまわされる君主

じつは結構眠いです。
昨日、バイトから帰って夜おそくまで蜀大会用のデッキを考えていました。
結局、寝不足のまま会社へ行ってしまいましたよ。
仕事が終わってから眠いまま、いつものゲーセンへ。

まずは、魏のデッキから。

R夏侯惇・R郭嘉・U典イ・Cカイ越・U荀攸
程イクからカイ越に変更してみました。

当たったのも、魏単デッキ。
R夏侯惇・R夏侯淵・U典イ・R楽進・カイ越

何となく攻め込めず、攻め込ませず・・・。
このパターン、もうわかりますね。
はい。引き分けです。

次の対戦。
・・・同じデッキです・・・。
同じ人と2度当たるのは2度目です。
今度は相手のほうもわかっているので、攻めて攻めて攻めまくってくれます。
結果は思いっきり落城されました。
必ずと言っていいほど、1度引き分けて、また当たった人とは負けてしまいます。
学習できてない、って感じる瞬間でした。

プロフィール

真音

Author:真音
北海道で、音ゲーやってます。
主に雑食で、初心者。

訪問してくれた人

過去ログ

ぐぱ

ただいま推進中!



amou

mana

グリムス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。