携帯ホームページ
たまごだっていいじゃない? スターター縛り

たまごだっていいじゃない?

主に雑記です

はんなり孫策軍~レベル3~

さて、レベル3まで来たはんなり孫策軍。

負けてますが、初心者には強いようで3連勝をたたき出しました。
しかし、いじけてる人が約一名。
満寵さんです。
「だって、こっそり攻城しかしてない・・・」
「じゃ、じゃ、今度は活躍できるように作戦を立てるよ」

ちょうど相手は、知力が低い他軍です。
満寵さんの計略をしらないのか、まとめて攻めてきます。
「今だ!打て」
満寵さんの計略が見事決まり、この戦いは勝利しました。
満寵さんはうきうきです♪

しかし、酒場に戻ってくると名簿の『れあ』の欄に郭嘉の文字があります。
満寵以外の4人は、顔を見合わせています。
さて、満寵さんは仲間から外されるのか。
それとも現状維持か・・・。
負けるな!満寵さん。
はんなり孫策軍は君にかかっているぞ!


※満寵の計略の時の台詞忘れました。
ごめんなさい。

はんなり孫策軍~レベル2から3へ~

注意 これはバージョンアップ前の話です。

はんなり孫策軍は、教会にいました。
砦の扉を開けて、気合を入れましたが、やっぱり負けてしまいました。
今日の神父は腕に怪我をしています。
「神父、どうしたんですか?」
「いや自転車で、げふんげふん・・・」
どうやら言いたくないようです。
「自分で治せな・・・もがもが」
他の仲間に口を押さえられました。
「それは禁句だ」
神父に教会から追い出されました。

「では、行くか」
もう一度砦のドアを開けます。
地形は右以外は森です。

待ち受ける相手軍
SR太史慈・R孫堅・R槍孫策・R孫権

どうやら初心者ではないようです。
対するこちらは・・・
R曹仁・曹彰・満寵・張春華・馬騰・魏続

『はんなり孫策軍』と『何気に満寵軍』は対峙します。
「ん?なんか今、変な感じが・・・」
「くるぞ!」

二人の伏兵をうまく踏ませ、R孫権を撤退させればこっちのものです。
満寵がこっそり攻城して、勝ちました。
レベル3になって安心したせいか、次の戦いは負けてしまいましたが。
「でも『はんなり孫策軍』に勝ててよかったよ」
「いや、だからおかしいって」

一旦街に戻ると、ぴよさんが増援の兵法書と新しいネタをくれました。
さらに酒場に行くと『ちょ~りゃ~』とか言ってる以前は槍使いだった怪力の弓使いがいました。

どうする?
彼を仲間にするのか?
相談した結果、『れあ』で登録されている許チョを仲間にすることにしました。

R曹仁・曹彰・満寵・張春華・R許チョ

「なんだか前よりもたくさん士気が貯めれるような気がする」
「よし、当分このメンバーでやっていくぞ!」

さて、やっと単色になったはんなり孫策軍。
満寵は、いるけれど『何気に満寵軍』じゃないぞ!
頑張れ、はんなり孫策軍。
レベル3を駆け抜けろ!

はんなり孫策軍~レベル2~

レベル2になったものの、相手は強く困ってしまったはんなり孫策軍。
毎回、教会で神父に怒られる始末。
こういう時は、住人に話しかけてみましょう。

「ね~ね~、どうして相手は蜀が多いの?」
「それは、今の時代は蜀が一番強いからだよ」
「どうして、勝てないの?」
「それは、君たちが誤爆するからだよ」
「なんで知ってるの!!(驚)」

一通り話を聞いたはんなり孫策軍はまた戦いに向かいます。
「ちょっと待ちなさい。これをあげましょう」
住人Sから、兵法の宝玉を貰った。
これで再起の法がレベル2になりました。
「おお~、さすがシンさん」
住人に殴られました。
「名前を出すな。名前を」

また住人に話しかけます。
「ぴよっぷ~さん、なんかいいネタ話はありますか?」
「酒場に『ぎのすーぱーれあ』とかいう女の人がいましたよ」
「ありがとう、ぴよさん」
「あ、ちょっと待ってください。これいいネタ書物です」
ぴよさんから、兵法書とネタをもらいました。
正兵の法を覚えました。
「ありがとう。ぴよさん」
しかし皆、兵法書よりぴよさんのネタに食いついています。
「早く行かんかい!」
ぴよさんにどつかれました。

怒られながらも、酒場に行きます。
「いらっしゃい。たった今彼女が登録されたのよ」
その人物を見て、皆驚いています。
『こすと1』でキラキラ輝いているのはいいのですが、剣が血に濡れています。
よく名簿をみると『張春華』と書かれています。
皆、顔を見合わせます。
『こすと1』は欲しい人材だけど・・・。

はんなり孫策軍は逃げ出した・・・。
「もうちょっとしたら、仲間に入れてあげよう。うん」

そして、はんなり孫策軍はレベル2の砦の扉を開けます。

頑張れ!はんなり孫策軍。
1勝すれば、次はレベル3だ!

はんなり孫策軍~レベル1から2へ~

負け続けても進んでいくはんなり孫策軍。

ST劉備・UC関羽・周倉・馬騰・魏続

このメンバーで、レベル1の制圧戦に挑みます。
ぎいっと扉を開けると、うまい人、下手な人、入り乱れて戦っています。
ここで、1勝すればレベルアップできます。

はんなり孫策軍は、西涼単デッキを当たりました。

とぉ!やぁ!

てれててってってって~ん。

はんなり孫策軍はレベル2に上がった。
登録武将が増えた♪

登録武将が増えたので、ルイーダ真音の酒場にやってきました。
「あら、いらっしゃい♪」
名簿を見せてもらうと、同じ名前の武将がいます。
「だぶって登録してある武将もいるわ。そのうちリサイクルボックスへ削除する予定よ」
名簿を見ると『れあ』の欄に曹仁の名前を発見しました。
しかし、今のままでは構成的に無理と感じたはんなり孫策軍は、このままのメンバーで、レベル2に進みます。

はたして、今のままで勝つことができるのか?
絶対無理
頑張れ!はんなり孫策軍。
早くどれでもいいから孫策を引くんだ!(w

はんなり孫策軍~レベル1

『はんなり孫策』軍は、仲間を探すため、ルイーダ真音の酒場に立ち寄った。

「今登録してあるのは、この人たちよ♪」

陳武・孫桓

「えっ、これだけなの?」
「レベルが上がれば、知名度も増して登録してくれる人も増えるわよ♪」

話し合った結果、鮑信を酒場に残して陳武、孫桓を仲間にすることにしました。

ST劉備・UC関羽・劉邦・陳武・孫桓

早速、町の外に出ます。
外は敵がいっぱいのようです。
敵の軍隊に出会いました。
どうやら蜀軍のようです。

夏侯月姫・R黄忠・R関銀屏・R劉備・SR趙雲

勝ちました。
カードは強力ですが、相手も初心者のようです。
経験値を手に入れました。

さて、また敵の軍隊に出会いました。
また蜀単のようです。

SR劉備・SR趙雲・SRホウ統・コスト2槍

負けました。
かなりな怪我をしたので、酒場に戻ることにしました。
酒場に戻ると登録武将が増えているようです。

R曹仁魏続

かなり迷走しだした『はんなり孫策』軍。
これからどうなっていくのでしょうか?

☆-つづく-☆

うっかりスターター縛り☆

ついに作ってしまいました。
スターター縛りICを・・・。

他の人たちがスターター縛りを始めてるのを見て、どうするかな~って気持ちだったんですが・・・。
最初からやり始めて、どこまでいけるのか試したくなりました。

作るのなら、孫策の名前を入れようと思いました。
○○孫策か~。
北海道らしく、『なまら孫策♪』にするかな~。
・・・負けDogさんとちょっとかぶってる。
撤退(ぇ
『うっかり孫策♪』とか・・・う~ん、ぴったりすぎていまいち。
そこでたまたま見ていた雑誌に、心の琴線にふれた言葉がありました。
さっそく辞書で調べてみる。

『上品で、明るく、はなやかなさま』

上品?策が上品?

ちょっとギャップがあるものの、これに決定しました。

『はんなり孫策』

え?なんか変?
ま~、気にしないでください(w


とりあえず、ルールとして・・・

☆スターターを買って、出た勢力から始める
☆排出されたカードしか使わない
☆リサイクルボックスから拝借しない
☆トレードもしない
☆群雄伝はしない本当はしたい~
☆メインとサブを混合しないため、多くて6回を限度にする


ということにしてみました。

スターターパックを買わないで、君主カードを買って蜀スターターを作ってもよかったんですが・・・ずるいような気がしてやめました。

で、早速スターターを買ってみる。
魏か呉よ、こい!

やはり蜀か・・・

これで、スターター劉備は3枚になりました(w
誰か交換してください!

さて、チュートリアルから始めます。
即効、全国は怖いので・・・田中さん、お久しぶりです(w
引きは・・・陳武。
コスト1が欲しかった・・・。

お金が無かったのでここで終了です。
結局スターターまんまで、全国に挑みますよ。

が、頑張るよ、私・・・

プロフィール

真音

Author:真音
北海道で、音ゲーやってます。
主に雑食で、初心者。

訪問してくれた人

過去ログ

ぐぱ

ただいま推進中!



amou

mana

グリムス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる